東京都文京区小石川の歯医者 -のぶもり歯科(信森歯科)- 春日駅,後楽園駅

のぶもり歯科
〒112-0002
東京都文京区小石川1-12-10
TEL:03-3815-6788

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
後楽園駅ののぶもり歯科 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
HOME»  歯が欠けたり抜けたりしたら

歯が欠けたり抜けたりしたら

インプラント

インプラント(人工歯根)とは、人工の歯根を埋め込んでその上に人工の歯をかぶせる方法です。

虫歯や歯周病、もしくは事故などで失ってしまった部分に施す治療法で、入れ歯(義歯)やブリッジとは違いしっかりと固定するインプラント療法は、自分の歯を取り戻したような安定感と噛み心地を取り戻す事が出来ます。
また、見た目が自分の歯と変わらないくらい綺麗に仕上がり、周りの歯を削ることなく行えます。
しっかりと歯根を固定するので、入れ歯(義歯)のように骨が痩せてくるのを防ぐ事も出来、画期的な治療法です。
インプラント治療は自費の治療となります。

◇入れ歯やブリッジとの違い
*顎の骨に固定するので、違和感がなく噛む事が出来ます
*隣の歯を削る必要がなく治療できます
*失った歯を、天然歯に近い状態で再現できます
*噛む感覚が味わえます
インプラント

 

入れ歯

当院では入れ歯作製に非常に力を入れて取り組んでいます。
ただ、簡単に型をとり完成させるわけではなく、一つ一つの工程を慎重かつ入念に行い、「噛める入れ歯」「快適な入れ歯」を提供しています。

入れ歯にも保険治療と自費の治療で材質や設計などが変わります。
保険の入れ歯では、プラスティックのものを使用しますが、厚いために話すことが困難になったりするでしょう。
又、硬い入れ歯を使用することは骨などにもダメージを与えてしまうと考えられます。

現在の医療は進歩し、金具が見えにくい入れ歯や厚みが少ない入れ歯などがあります。
手で曲がるほどやわらかい素材の入れ歯もあります。皆さんご存知ですか。
保険診療外となりますが、歯ぐきの骨を守ることができます。
歯ぐきの骨がやせ細ると、入れ歯が合わなくなったり、体へのさまざま悪影響が心配されます。
いつまでも元気な歯ぐきを保って健康でいるためにも、入れ歯をご使用になる場合は、歯ぐきを守ることをぜひお考えください。

 

ブリッジ

ブリッジとは、抜けた歯の両隣りの歯を削って土台にし、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復するものです。
その様が橋を架けるのに似ているので、「ブリッジ」と呼ばれています。
ブリッジにも保険診療と、自費診療があります。
種類も豊富です。

■金属
金色や銀色のブリッジですね。
保険診療で行えますが、少々目立ちます。

■レジン
金属の土台に、プラスチック(レジン)の歯を接着させます。
自費の診療となります。

■ハイブリッドセラミック
金属の土台に、プラスチック(レジン)とセラミックを混合した歯を接着させます。強度が増し、変色もおさえられます。自費の診療となります。

■オールセラミック
オールセラミッククラウンは、金属を使わず土台もすべてセラミックでできています。歯の根の治療を行った場合には白い色をしたファイバーコア(土台)を使用します。歯ぐきの黒ずみが気になりません。
金属をまったく使用しないため、金属アレルギーの患者さんも安心して装着できます。
自費の診療となります。

■ポーセレン
ポーセレンとは、セラミック陶材のことです。メタルボンドとも呼ばれます。
これを、金属の土台に装着します。
色や透明度が天然の歯に近いのが特徴です。
自費の診療となります。